3.11

きのうは3月11日だった。数年前大震災がおきた日である。

バンコクから大学時代の友人が遊びに来て、その後共通の恩師に電話をした。今日は3.11ですよと、日本では大震災関連の番組をやっているとのことだった。

youtubeで当時のニュースや動画を観た。わたしは生かされているんだなと感じた。

当時、芸能人達が3.11で自粛prをしていたのに、今はもうアホな投稿しかsnsでしていないのを観たり、それが正し普通の人間の姿だろうなと思った。わたしもそうだし、忘れるもんだわ。これは否定しない、人間らしい姿なのである。

 

それにしても、あの日を忘れない!っていうのは重要なんだよな。忘れてもいいから、たまに思い出しただけでも十分なわけだわ。

Funeral

この国でお世話になった人が亡くなったと一昨日連絡があった。二十代前半でこの国に来て、ガテン系の人たちに囲まれながなんだか良く解らず仕事をしていた時に声をかけてくれた本物のガテン系おじさんだった。九州の人だったので怖かったけどもわたしが酒に強いと知ってから仲良くしてくれた人だった。

わたしは後悔をする事があまり無いけども、結構後悔した。こっちに住んでもうすぐ一年経つのに飲みに行きましょうと連絡をしなかった事、そして葬式に行かなかった事。まさかこんなに突然亡くなるとは誰も思ってもいなかっただろうし、本人も自分の命のあっけなさに成仏できていないんじゃないか、とも思った。

今回の出来事で、人はあっけなく死んでしまうんだな、という事を改めて学び。会いたい人が居たら先延ばしにせずすぐに会いにいくべきだなと感じた。それともう一つ、自分は薄情な人間だなと実感。。。

tet

この国にもうすぐお正月がやってくる。

先々週は忘年会シーズンだった。そして今週は年末感が町中に漂う。。。

ありがたいことに、こちらの国の友人宅で友人のお母さんの手作り料理をご馳走になる事があり、今日も皆で宴会をした。昼からビールとご馳走を頂き、昼寝までさせてもらった。一昨日ものこお家にお邪魔して、お母さんのご飯を食べさせてもらっている。先日はアパートのエントランスでフランス人お宅と語学がものすごい堪能な日本人のアパート住人と大家親子とお手伝いさん達で宴会をしていた。

この国に来てもうすぐ1年。最近は人間関係も広がり、結構楽しい。色々な選択でここまでやってきて、振り返ると全て間違ってはいなかったし後悔は全くないんだな、たぶん。

 

 

 

laundry

この国に来て、ちょっと待ってよっおかしいだろって思う出来事の8割、仕方ないよね日本とは違うからって自分に言い聞かせてきていたのだが、今日はイラついて仕方ないで済ませれない事があった。

わたしはサービスアパートに住んでいる。毎日の部屋の掃除と服の洗濯はお手伝いの若い女の子達がやってくれている。

テーブル上のメモ書きにメモされていた事が2回あり、水の補充がされてなかったり、洗濯に出した物がどこかへ行ってしまったり服にシミが付いて戻ってきたり、なんだかんやあってそれでも住み込みで一日中働いて大変だろうからとオーナーには言わずにおいていたのだったが。

今日、土曜に回収されていった洗濯物が夜帰宅してみるとまだ戻ってきておらず、いつ洗濯物が届くのかと一度レセプションに話に行き、10分後というので待つ事30分経過。それでも来ないのでオーナーへ怒りのメールをし、2回目の催促をレセプションへするという、そんなん事をしてしまったのだった。なんだかこの事に関して、異常に腹立ってしまったのだった。

こんな事に苛立ってしまった自分の性格を疑えばいいのか。どうしてそうなのか考えてみると、相手の時間に合わせて対応しないといけないというのが私の怒りポイントだったんだと気付く。洗濯物が届くまで待たなければいけない、という待つ行為が出来無いんだろうな〜。

Japanese

今年も残り2ヶ月を切った。こっちに暮らして半年が過ぎた。

日本語会話の仕事が意外と忙しい。週3日90分を4コマ、なんとか仕事している。毎回1コマ90分間の授業のために、大まかな準備を前もってしてきいるが別の現地のセンセイ達が授業計画通りに進めておらず、準備してきた範囲とは違う範囲をやることになってしまい、その都度90分間フリートークをしないといけないパターンになっている。

担当する2クラスは来年日本へ留学する生徒を対象にしている。人の人生を左右する?仕事だと思っているので、若干プレッシャーでもあるがやりがいもある。生徒といっても子供ではないしな〜とか、色々と考えることもある。

来年4月に全員がビザを取得でき、皆が夢見る日本の地を踏みしめて欲しい・・・。日本は不条理なことが沢山あるとは思うが、日本語が上達してお金をしっかり稼ぐことに専念して欲しい。